道楽日記ver.2

アクセスカウンタ

zoom RSS ハセガワ1/48 三菱J2M3 局地戦闘機 雷電21型 製作記4

<<   作成日時 : 2011/05/08 19:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

GWも終わり通常ペースに戻る、雷電もいよいよ本塗装でございまする。



まずは日の丸位置に白、フラップ赤線用赤、フィレットにハゲチョロ用の銀を吹く。

CIMG2238.JPG

















マスキングして日の丸赤を吹く。

CIMG2244.JPG

















日の丸をマスキングしてまた黒雷電に戻す。

CIMG2245.JPG

















下面色を吹く、Mr,color 35番、明灰白色のビン生。脚収納庫は悩みちう。

CIMG2247.JPG

















さて今回はちょっといつもと違うやり方で塗ったのですが・・・。

上面色でご説明、元ネタはモデグラ2009年6月号。

タミヤの1/48零戦52型の製作全工程を掲載している号なのですが

黒地に薄い塗料をそのまま筆で塗り、その後エアブラシで吹くというモノ。

刷毛目が残り表情が付くのとエアブラシを薄く吹くことで下地の黒が透け

色の変化が出るというモノでした。

濃緑色ベタ塗りは変化が乏しいので何かいい方法が無いか考えていたので

早速マネしてみました。



エアブラシ用の塗料を筆で適当に全体に塗ってみます、乾くまで2度塗り厳禁。

CIMG2253.JPG

















翼のアップ、刷毛目が付いております。

CIMG2254.JPG

















と言う事で基本塗装終了、エアブラシ吹き過ぎで変化が付いていませんが、

いつもより暗い濃緑色に。刷毛目は肉眼ならなんとなく判りまする。

CIMG2257.JPG

















実は日の丸赤と下面も同様に塗ったのですが明度が高いと筆ムラがただの

ムラとして残るのでムラを消す為に厚塗りになりイマイチ適しないようですた。



で、どうにも主翼上面の日の丸が気に食わないのでやり直すことに決定。

段差を消す為ペーパー掛け。新方式台無し・・・。

CIMG2262.JPG

















で修正後、上面に当たる部分を退色表現、ファイン零戦52型の塗料を流用。

上面となる主翼上、水平尾翼、ファストバック部分をパネル毎に塗る。

更に新方式台無し。最後に敵味方識別用の黄橙を吹いて基本塗装終了。

CIMG2265.JPG

















さて、やはり電光マークがいいかな・・・。



本日午前、西蔵王で集会があったので参加、

マッタリしてたら空模様がヤバくなり慌しく解散。

なんとか本降り前に帰り着けました。写真ピンボケっす・・・。

CIMG2261.JPG


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
確かに日本機は変化に乏しいから、なーんかやりたくなるんですよね。私も結構いろいろ試してるんですが、これってやり方がなかなか見つかんなくて・・・
マルボロマン
2011/05/08 23:21
&gt;マルボロマンさん
今回の方式は私的にはイマ2ぐらいでした。
まぁトライ&エラーでこれからもやって行こうかと思います。
やひち
2011/05/09 22:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ハセガワ1/48 三菱J2M3 局地戦闘機 雷電21型 製作記4 道楽日記ver.2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる