道楽日記ver.2

アクセスカウンタ

zoom RSS ハセガワ 1/48 メッサーシュミット Bf109G-14/AS 製作記2

<<   作成日時 : 2012/09/26 21:43   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

3機も同時進行しているとどれから手をつけていいか分からなく
なりますがメインはやはりコレ・・・。

まずは主翼を胴体に接着、十の字になりました。
画像


ここからは小物を処理してしまえば塗装に突入と思ったのですが
その小物が・・・ひどくはないのですがヒケだらけです・・・。
画像


パテ塗っては削りたおして漸くヒケを埋めました・・・。
画像


オイルクーラー(でいいんだっけ?)空気取り入れ口にも
操作ロッドを追加(延ばしランナー)
画像


翼端灯をクリア化、クリアランナーにピンバイスで穴空けて
塗料を流し込んで電球にします。
ハセは通常接着剤にてしっかり接合できる・・・タミヤゼロが
ダメだったのはプラの質が違うからですかねぇ・・・。
画像


でひたすら削ります、赤はまあまあ上手く行ったが青は
接着位置がちとズレた・・・。
画像


照準器、反射板はなんかのクリアケースの切れ端。
画像


サフ吹かないヒトなので除菌もできるJOYにて洗浄しまする。
画像


照準器、風防を接着して操縦席をマスキング、
これで塗装準備完了なりぃ〜!!
アンテナ支柱、今回は天蓋に接着するので真鍮に置き換えられない、
張り線する時の強度が不安です・・・。
画像


タミヤゼロの機体色がうまく決まらない・・・orz

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
メッサーですね。
G型ですと、塗装のバリエーションが多くて、決めるのが大変でしょうね。
頑張ってください。

タミヤの零戦21型は、三菱製ですので自ずと塗装の範囲、パターンは決まってしまいますね。
中島製だと後半まで作られていた機体なので、バリエーションは豊富なんですがね。
日の丸航空隊
2012/09/27 06:42
K型やG後期型はやっぱりこのエンジンカウルのバルジがたまりません。ここまでくるとエンジンの性能に機体がついて行ってないし、新米には厳しい機体だったようですね。
シロイルカ
2012/09/27 22:18
>日の丸航空隊さん
零戦はどの機体にするかは決まってるのですが
色が上手く調色できないのですよ・・・。
混色は難しいデス。

>シロイルカさん
良く考えてみると零戦とカブりますよね、
後継開発に難航してるとことか・・・。
メッサーの方がそれでも性能アップは
してますが・・・。
やひち
2012/09/27 22:42
精力的にやってますね。
迷彩は筆ですか?

私も基本サフ吹きません。ご同輩がいて
嬉しいです。
taki
2012/09/28 06:48
おや、小物はちょっとツライですね。
こういう修正作業は萎えますねぇ。
私は小物を後回しにする事が多いので
お気持ちよく分かりますですw
spitfire2012
2012/09/28 12:28
>takiさん
筆で迷彩なんてとんでもございません・・・。
フツーにエアブラシのお世話になります。
ワタシがサフ吹かない理由、
塗膜が厚くなる気がする。
面倒だから(多分ほぼコッチメインです)

>spitfire2012さん
ワタシも機体に没頭し過ぎて全く進んで
ないなんて事が良くあるのでなるべく
早めにやることにしてます〜。
てか、どなたでしょう?
もしやスピット祭りの精??w
やひち
2012/09/28 21:35
クリアーの削り込みは接着剤で外れませんか
やすりで削ると取れそうな気がします。
小物の作業は出来るだけ先に、やっときたい
です。
あきみず
2012/09/29 15:23
>あきみずさん
ハセガワのプラ同士は結構ガッチリ
接着出来ると思います(絶対とは
言えませんが・・・)
タミヤゼロはタミヤ同士でしたが
ダメでした。
やひち
2012/09/29 17:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ハセガワ 1/48 メッサーシュミット Bf109G-14/AS 製作記2 道楽日記ver.2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる