タミヤ 1/48 フォッケウルフFw190A-8 製作記1

バイクだけでなく飛行機のほうもやらなきゃなりませぬ。
久し振りにドイツ機、更に48ではかなり久し振りな空冷フォッケです。
ハセもA-5とA-8が積んでありますが、今回は積みの中でも古株なタミヤA-8です。
決して部品点数がハセと比べて少なくて楽そうだからとかいう理由じゃアリマセン。
てか更に古いハセ/ドラのA-8もあったりしますが・・・。

早速製作開始、まずはコックピット。
シートベルトはファインのエッチング、まだまだ在庫が残ってるので消化せねば。
計器盤はデカールついてますが折角メリハリの利いたモールドなので
いつものラッカー、アクリル、エナメルの3段塗装で仕上げました。
画像


脚庫も塗装~。
画像


エンジンはどうせ強制冷却ファンで見えなくなりそうですが、あっさりし過ぎなので
プラグコード(1本だけの手抜き)&糸ハンダで収束管を追加しました。
画像


胴体、エンジン、主翼を組み立てます。
画像


エンジンカウル、水平尾翼を組んで士の字になりました。
エンジンカウルと胴体はちょっと隙間があったりでパチピタとは行きませんが
サクサク進みました。
画像


最近のお買い物、モデグラは2冊で我慢しました(笑
あとは静岡のビンゴでいただいたデカールの死んだF-4EJ改用に
プラッツのデカールを購入、キットも記念塗装機だったので記念塗装のヤツで。
本当はもっと好きなカラーリングもあったのですが、ワタシの腕では貼れそうも無い
大判デカールだったので断念、とはいえコレもなかなかカッコイイです。
画像


最後にちょいと思い出して20年程前に唯一作ったフィギュアの封印を解いてみました。
なかなかヒドい出来ではありますが、またちょっと作ってみたかったり・・・。
ただ問題は最近のキャラって馴染みが余り無いのとググっても完成品ばっかりで
どうしたもんかと悩みちうです・・・。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

腹ペコ山男
2015年06月08日 00:04
やひちさんの記事は制作過程がきちんと書いてますので、参考になります。あ、ちなみにベルダンディですが、私も大量に積んでます。最近は完成品のPVCばかりですが、ガレージキットも精度が上がって組みやすくなってきましたよ~。
やひち
2015年06月08日 22:31
>腹ペコさん
実は普通の等身のベルダンディも1個
同じ頃に購入してますが作れる気がしない
のでずっと積んでます。
最近のだとガルパンぐらいしか分からん
のですが、組み立てより塗装に自信がありません・・・。

この記事へのトラックバック