アリイ(旧オータキ) 1/48 フオッケウルフFw190A-8 製作記&完成

昔夏休みの宿題は終わり間際にできてなくて半べそでやるタイプでした・・・。
でも大人になったので宿題は早めにやっつけようと思います。

と言う事で来年の静岡のお題、オータキ48(アリイ版可)を進めることにしました。
当然オータキの当時モノは持ってないので金型を引き継いだアリイ版を購入。
中学生の頃何個か作った覚えがあり、当時友人が作ったFw190Aがすごく上手く
作っていて、「ぐぬぬ」となったのでリベンジの為フォッケで行くことにしました。
今回はなるべく素組みで行こうと思います。
画像


まずは仮組み、少なくとも40年ぐらいは前のリリースにしてはなかなか良さげな
プロポーションかも。
ただクリアパーツは透明度が低く、キズ多く、一部湯周り不足まで・・・・
金型メンテもしてなさそう以前に成型が適当な感じです、アリイさんちゃんとして~!!
画像


パーツが少ないのであっという間に士の字です、今回作る機体はコクピット周りに
増加装甲が追加されているタイプなのでプラペーパーで追加してみました。
画像


で、塗装開始。今回は久し振りに黒立ち上げでやります、まずは排気汚れ隠しの
縁を黄色で塗装してマスキング、その後76ライトブルーを塗装。
画像

画像


途中略で基本塗装終了です。
画像


墨入れしてデカール貼り、付属デカールがショボイので使う当ての無かった
手持ちのEagleCalsを使用しましたが・・。
割れてるのがある上、厚みがあって貼り難くストレスが溜まるので最小限貼って終了。
オールドキットなのでコーションをベタベタ貼るよりいいでしょう。
画像


で、イヤな予感はしてましたがクリアオーバーコートで一部に気泡&ヒビ割れの嵐・・・。
押さえ込んで磨いたらボロボロになったので上から塗装・・・。
画像

画像

やっぱり塗装すればヨカッタ・・・。


でもって完成しました。
Ⅳ./JG3 所属機 '44年3月 ドイツ本国
実機には翼下のMG151/20x2のガンパックは付いてませんが、キットに折角付いているので
今回は取り付けてみました。

画像

画像

画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

2017年11月24日 14:45
遅くなりましたが完成おめでとうございます。
とてもウン十年前とは思えない仕上がりですね。
流石です!

で、クリアーパーツの件は不安になって自分の疾風も確認してみたんですが、見事に変なキズや成型時の凸状の盛り上がりがあったりして、今からどうしようか悩んでます
やひち
2017年11月25日 17:46
>ヒロシさん
ありがとうございます、古いからどうかと
思っていましたが当時からオータキは
良いキット作ってたんですね。
折角金型引き継いだんだからアリイさんにも
ちゃんとメンテしてよい状態で成型して欲しいモンです。

この記事へのトラックバック