ハセガワ 1/700 帝国海軍重巡洋艦 青葉 製作記1

まともに艦船を作ったのは高校の頃、最上を作ったのが最初で最後。
出戻ってからは初めての艦船製作となります、どうなる事やら・・・。


まずはパーツを切り出し、上部構造物を組立てられる所まで組んで行きます。
画像


船体も組み立てて左舷艦首側に穴を開けました、これで後には引けませぬ。
画像


船体の甲板をリノリウム色に塗装しマスキング。
画像

画像


船体と上部構造物を軍艦色で塗装。
画像

画像

画像


写真はちょっと飛んでチッピング、サビの流れなどを書き込み仮組みました。
画像


この時点で連装25mm機銃が16個必要なのにキットには12個しか入っておりません。
仕方がないのでファインのナノドレッドを購入、純正との差が物凄いですねぇ、
高いだけの事はあります。
画像

画像

ところが買って来て説明書を良く見ると16個のうち4個は3連装の指示で
ある事が発覚、何をやってるんでしょう・・・マッタク・・・。


折角買ったのでファインのパーツや他の細かいパーツも塗装して取り付け仮組み。
画像

画像

画像

画像

艦船の汚しってこんなんでいいのかしらん??

後はベースに取り掛からねば・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2017年06月11日 21:35
艦船モデルとは珍しいですね。
いつの、どこの設定なのでしょうか?
艦首に穴が開いているのがリアルです。
汚しも丁度良いのではないでしょうか。
ベースをどのように仕上げていくのか、楽しみです。
やひち
2017年06月11日 21:55
>日の丸さん
青葉はフィリピンで損傷し応急修理後なんとか呉に期間しますが、もはや修理する余裕は無く浮き砲台のように運用されていましたが、昭和20年7月28、29日の空襲で大破着底して終戦を迎えております。
今回はその最終状態で作製していますのでベースは波もない海面になります。

この記事へのトラックバック